多くの人が所持している運転免許証になりますが、あなたは持っていますか。運転免許所の全体の所持率と言うのは70%強です。それで20歳~59歳の世代では、実に90%近い所持率となっています。また、男性に絞った場合は、95%以上の人が運転免許証を所持していると言うデータもあります。

<運転免許証の所持者について>住所が変わったら住所変更の手続きを行います。その必要があります。その為に、引っ越しの時には大抵この手続きをしなくてはいけませんよ。

<運転免許の住所変更について>は新住所を管轄している「警察署」があります。あとは、「運転免許センター」で行ってください。※旧住所の管轄内ではありません。注意しましょう。問題はありません。あえて引っ越し前に新住所管轄の警察署などに行く必要はありません。

<同一都道府県内での住所変更の場合>「免許証」と「印鑑」を持って警察署等に行きます。そして、そこで必要書類を受け取ってください。

<他県に移る場合>「申請前半年以内に撮影した申請用写真」が1枚必要です。写真機をおいてある警察署なら、そこで撮影してもらえます。ですから、問題ありません。しかし、写真機がない所もあります。その必要があります。写真機がない場合は、自前で用意する必要があります。簡易証明写真機で撮影したもので問題ありません。

関連ページ